専門家のアドバイスが必須

不動産には相続税がかかります。 おかしな話ですが、相続税を支払うために、せっかく相続した不動産を売却する人は珍しくありません。 もちろん、売らずに賃貸として活用し、長期的な収入を得ることを選ぶオーナーもいます。

売却か賃貸かという選択は、だれもが頭を悩ます難しい問題です。 ただ判断すべき点ははっきりしています。
どちらの方法の方が、オーナーにとってより利益が大きいかを見極めればいいのです。 このシュミレーションを、一般の不動産オーナーが自分行うのは不可能かもしれません。
少しでも正確に損得を判断するためには、不動産業者に依頼するのがいいでしょう。 こちらのサイトが役に立つかもしれません。http://www.starts-ph.co.jp/sell/

売却するケースでは、不動産を売った時の金額を査定から判断し、さらに所得税分を差し引いてオーナーの売却純利益を算出します。
賃貸にするケースでは、家屋を建てたり修理したりする大体の初期費用や、固定資産税の金額を、支出として計算しておきます。 その上で、年間でどの程度の収入をオーナーが得るかを算出します。
この2種類の収入額を比較すれば、賃貸経営を何年続ければ、売却した時の利益を上回るようになるかがわかるでしょう。

賃貸収入が僅かだとしても、不動産取引が余りにも低調な時期には、業者は売却を薦めないでしょう。 ここはアドバイスに従って、時期を待つ間だけだとしても賃貸経営をしておきましょう。
賃貸は、オーナーにとっての節税にもなります。

遺贈前からこうしたことを業者と話合うだけでも、節税や有効な資産活用の準備ができます。